2017年2月20日月曜日

和服リメイク講習会

2月17日(金)和服リメイク講習会を陸前高田レインボーハウスさんで開催しました。
講師の小赤澤直子先生、またまたおしゃれなコートを着てさっそうと登場です。
縫い方にもポイントがあるそうで、受講生の方々も興味津々でした。




こちらは小赤澤先生の作品で、お越しになる度にいろんな作品をお持ち下さいます。
様々な生地を縫い合わせて、味わい深い作品になっています。

ちなみに飾り雛は、どなたかの作品で一緒に撮らせていただきました。


いよいよ、待ちに待った講座がスタートです。
受講生のみなさんは、先生から聞きたいことを事前に準備してきて、意欲的にこの講座に取り組んでいます。


作りたい作品も決まり、早速裁断に取り掛かっている様子です。
先生も、お一人おひとりに分かりやすく指導してくださっています。



真剣。


ランチタイムです!
先生は、お話がお上手なので、食べる暇が無いくらい会話が弾んでいます。
この元気はどこから来るのか、ぜひお聞きしてみたいです。
受講生の方々から、今が旬の「早採りワカメ」とドレッシングも差し入れしていただき、大変おいしく頂きました。
ごちそうさまでした!


こちらは、帯をリメイクしたカバンです。
色鮮やかな朱色の模様が素敵で、肩紐を付けて完成ですが、急遽小赤澤先生がご自分のカバンから取って下さったそうです。
その思い切りの良さも先生の魅力ですね。
最近は、みなさんそれぞれに自分好みの作品作りにチャレンジしています。
次回は、完成品のカバンを楽しみにしています。




去年の暮れから始められた受講生のみなさんも、技術がどんどんアップしています。
小赤澤先生も、早く作品が完成できるようにと、熱心に教えてくださいます。
疑問点はその都度確認!それが先生の講座でのルールです。


講座終了後にも、みなさんといろんなお話しで盛り上がります。


最後は全員で一緒に片付けも行い、協力しながら早い時間で完了です。
次回は、2月26日(日)に行われる当団体主催の【和の祭典in陸前高田】でお会いしましょう。

2017年2月18日土曜日

「和の祭典in陸前高田」前売り券完売のお礼と、当日券販売中止のお知らせ

みなさま こんにちは
今月26日に予定しております「和の祭典in陸前高田」の前売り入場券ですが、お陰さまをもちまして、販売終了となりました。

また、当日券でのご入場についてですが、諸事情により中止とさせていただきます。
多くの方々にご関心を持って頂き、とても嬉しく思っております。
今後も様々なイベントを開催していく予定でおりますので、どうぞよろしくお願い致します。

2017年2月16日木曜日

ケイタリング・スタンディングバー『はまかだサロン』

2月13日(月)高田町・浄土寺事務所において、ケイタリング・スタンディングバー『はまかだサロン』を開催しました。
こちらは、浄土寺のお庭にあるトレーラーハウス内にあります。



地元のお酒を使っての試飲や五目ご飯などの非常食・おでんなどがテーブルいっぱいに並べられて、みなさんで試食しながら、賑やかにおしゃべりです。
こちらでは、今市民が注目している「陸前高田市役所新庁舎建設場所」「市の人口減少」など直面している問題等に関して、真剣に思いを語り合いました。
市長さんも各地域において、「市長と語る会」を開催しながら、”市民の声”を集約している状況ですが、各地で熱い議論を交わしながら一つの結論を導き出さなければなりません。
「人口減少」についても、以前から議論されいる重要課題ですが、深刻な状況が増す中、いかに職場を確保し若者が移り住み、子供を増やしていくかなどいろな要因が重なりあっています。
「出生率」を上げるための一つとして不妊治療の問題などデリケートな部分もあります。
これは、女性支援を進めている「まぁむ」の団体として、やらなけれならない課題だと思っています。
来年度のまぁむ(女性)の新しい活動にご注目ください!

他人事ではなく、市民全体が豊かなアイディアと創造性を発揮して、明るい未来につなげていくための価値のある議論できて、かなり深いサロン活動になりました。
「哲学カフェ」になってきました。

2017年2月15日水曜日

健康・栄養セミナー

2月14日(火)高田高校第2グランド仮設住宅集会所において、味の素グループさんとの協働による料理教室を開催しました。

~・今月のメニュー~・~・~・~・・~・~
 ★鶏そぼろとひじきのごはん
 ★シューマイと旬野菜のオリーブオイル蒸し
 ★豆腐とわかめのサラダ

今回も、住民さん同士お声を掛け合ってご参加くださり、去年お邪魔した際のリピーターさんもいらっしゃいました。

協力団体の味の素グループさんでは、この『赤いエプロンプロジェクト』事業も、岩手での今年度の活動回数が200回になるそうです。
今後も、まだまだ仮設住宅がある限り、私たちも一緒に続けていきたいと思っています。


本日のテーマ「野菜を1日350g~400g摂ろう」です。
最初に”紙芝居”で、分かり易く説明してからスタートです。


今回は、男性にもご参加いただきました。
なんと素晴らしい”包丁さばき”に驚きです。
お見事!!


みなさんで協力しながら、楽しく作業です。
このゆったり感がいいですね。


完成のポーズ、いよいよ試食です。


今日も、”野菜たっぷりのメニュー”で、彩り豊かです。


食後は、コーヒータイムです。
AGFさん提供のお好みの飲料を選らんで、みなさんでいただきます。
甘い香りが漂って、とても幸せな気分です。

みなさんの話題は、もっぱら住宅再建のお話で、今年中に引越しされる方々もいて、興味深い情報を聞くことができました。
また、日々の生活の中で、思いやりを持ち、助け合いながら相手を気遣う優しさが感じられる温かいエピソードなども聞かせていただきました。
同じ仮設住宅で生活してきたからこその絆があり、助け合いながら共に頑張ってこられた様子が感じられました。
この見守っている家族的な雰囲気がいいですね。


現在の高田の景色は、このような状況です。
復興は一気に加速していくようです。
ゴールデンウィークには、活気付いた町並みが展望できることでしょうね。

2017年2月3日金曜日

ケイタリング・スタンディングバー『はまかだサロン』

2月2日(木)横田小学校仮設住宅集会所において、ケイタリングスタンディングバー『はまかだサロン』を開催しました。
こちらでも、お酒の試飲をしながら、普段感じていることをじっくりとお話してくださいました。
中身のぎゅっと濃い時間になりました。




県立野外活動センターが広田半島に建設されることについて、議会で満場一致で採択された事など・・・
市民としての関心事がいろいろあります。
普段、疑問に感じていることなど、気軽に話し合いました。
市政に対する意見もいろいろあります。
それぞれの立場において、自分の意見を持ち、それを自由に語り合える場所として、このサロン活動が一翼を担ったことがとても重要です
何かテーマを絞った形で相手の意見に耳を傾け、情報交換することも時には必要ですね。今後もいろんな場所にお伺いして、開催していきますので、ご参加お待ちしています。

【次回開催予定】2月13日(月)高田町浄土宗事務所 午後5:00~7:00

2017年1月30日月曜日

住宅・生活再建による勉強会と相談会

1月28日(土)の法律サロンは、住田町下有住地区公民館と本町団地集会所で開催しました。
既に火石団地は去年から民間への払い下げがはじまり、現在は中上団地と本町団地の2つになりました。



こちらは、中上団地のみなさんです。
公民館が新しくなっていて、木のぬくもりのある公民館でした。
流石、住田町!


こちらは、本町団地集会所の様子です。
こちらも木造仮設住宅なので、木のぬくもりが感じられて、陸前高田市内の他の仮設住宅とは一味違います。
東日本大震災から、6年が経過しようとしています。
住宅再建の移転費用や、住まいの復興給付金、バリヤフリーの問題など、再建のための課題が本格化しています。
早く自分の家に入れるといいですね。

ケイタリング・スタンディングバー『はまかだサロン』

1月27日(金)米崎小学校仮設住宅・集会所において、ケイタリング・スタンディングバー『はまかだサロン』を開催しました。




あるおじいちゃんが、
「一人暮らしで3日間ぐらい誰とも話しをすることがなかった時もある。
男の人はお茶飲みには参加しにくいので、今まで集まりには参加したことが無かったが、今回出てきて良かった。とても楽しかった。」
と、とても喜んで下さいました。

いままで、色々なサロン活動があっても、参加する人の固定化している現状がどの仮設住宅でも課題になっていました。
今回、興味を持って、出て来て頂いて、他の方々との交流する場のきっかけ作りとなったことはとても意味があります。
コミュニティを形成するのは簡単なことではありませんが、新たな視点から突破口を見出しながら、地道に取り組んでいくことが重要ですね。

【次回開催予定】2月2日(木)横田小学校仮設住宅・集会所 午後5:00~7:00