2017年1月22日日曜日

和服リメイクサロン

クリスマスも終わり、いよいよ今年最後の和服リメイクサロンになりました。


今日も参加者の方々から、手作りで素材の良さが生きている絶品スイーツの差し入れを頂きました♡
左側がころ柿、右側がサツマイモで、とってもおいしくてレシピまで教えていただきました。


そして、こんなにかわいいお人形さんがたくさん完成したという事で、見せて頂きました。
色とりどりの作品で、センスの良さが光りますね。




来年も「物づくり」の魅力に惹きつけられ、和服リメイクにも取り組んでいるみなさんを継続して応援していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
来年は酉年。大いに羽ばたいていきたいと思います。

2017年1月19日木曜日

和服リメイク講習会【12カ月コース】

1月17日(火)和服リメイク講習会《12カ月コース》を陸前高田レインボーハウスさんで開催しました。
今年最初の『和服リメイク講習会』です。
畠山泰子先生から「今年もみんなで一緒に頑張っていきましょう。」とご挨拶を頂きました。
先生やみなさんの変わらない元気なお顔が見れて本当に嬉しいです。
みなさんそれぞれに、ご自宅で着々と製作活動を進めてきたようで、私たちもどんな作品になっているかドキドキです!

今日は、なんと昼食に手作りのご飯を準備してみました。
この寒い時期に人気の”お蕎麦や”甘酒”などのお楽しみもあり、無事に完成できるかちょっと心配でしたが、ご覧のとおり!



トッピングは、女性に人気のバイキングスタイルで数種類準備してみましたので、更においしくなっています。




みなさんに喜んで召し上がっていただき、私たちもホッ!


新しい作品に取り掛かっている方が多く、型紙を並べてどの位置に配置するか、先生からアドバイスをしていただきました。
床を使って広く作業を進めることができるので、レインボーさんのこちらの施設は本当にありがたいです。


こちらは裏ポケットの製作中で、ワンランクアップした技術が必要のようです。
印の付け方などのポイントがあり、畠山先生の作業をみなさん覗き込むように見ています。


裏地を付けた状態です。
みなさん、益々「より高いもの」にチャレンジしていて、技術も向上しています。






今日も、先生は各テーブルを周りながら、超忙しい様子です。
受講生のみなさんは、先生に確認したいことが多く、手を挙げながら順番を待っていました。


参加者同士で、お互いに聞いたり、一緒に作業したりと、助け合いながらやっている場面もあり、とても微笑ましいです。


本日完成した作品を見せて頂きました。
切り替えが入っているおしゃれなポンチョで素敵ですね。
着物生地の模様を生かした、品のある作品になっていて、お出かけする機会が増えそうですよね。


またこちらの作品は、”刺し子”を取り入れて、模様が細かに入って独特の雰囲気が出ています。
上着の一部分だけしかお見せできないのが、残念です。


今日は、午後になってもお天気も良く、【和服リメイク講習会】も大好評でした。
みなさんの意欲が感じられて、さらにバージョンアップした楽しい講座になっていることを、私たちもとても嬉しく思います。

【次回開催予定】2月21日(火)@陸前高田レインボーハウス 10:00~15:00

2017年1月13日金曜日

和服リメイクサロン

年明け最初の和服リメイクサロンになります。
今年も楽しい活動の様子を発信していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。


今、新たに取り組みはじめた作品が、どんな風に完成するのか楽しみですね。




わたしたちも完成を待ちわびています。
是非、また作品をご紹介したいと思っていますので、お楽しみに。

2016年12月22日木曜日

ケイタリング・スタンディングバー『はまかだサロン』

今年最後のサロン活動を、反省会も含めて事務所で開催しました。
最近好評の非常食+おでんを取り入れて試食してみました。
非常食用ごはんは、お湯を入れて待つこと15分、出来上がりはこのような感じで、おいしいと大変好評です。






サロン活動で思う事は、「人を集める」ということはせっかく来てもらうのであるからこそ、開催する側としての責任があるし、それに答えていかなければならないということ。

そこに参加する住民が『何』を求めてくるのか。

それはまさしく、それぞれにとってプラスになる”情報”であり、一人ひとり違うということ。

今後、個々のニーズを網羅した有益な情報を、どの様に提供していくかも重要課題になってきています。

また、一人ひとりの置かれている環境の変化は東日本大震災後に更に増幅しています。
以前は近所同士顔見知りで、お互いに見守り合いながら生活してきたことが、気軽に”挨拶”することすら薄れて、人と人との関わりを避けているようにも感じれられます。
今一度関係性を見直し、先ずは自分たちの隣近所を見回ったりなど、自分の身近でそれぞれ出来ることから、心を配って見ませんか?

和服リメイク講習会【12カ月コース】

12月20日(火)和服リメイク講習会《12カ月コース》を陸前高田レインボーハウスさんで開催しました。


施設の中はクリスマスバージョンになっていましたよ。
この時期は、みんなが幸せの気分になりますね。


今年最後の「和服リメイク講習会」になりました。
講師の畠山泰子先生に感謝しながら、本日もしっかりとした目標を持ってどんどん進めていく意気込みです。
作りたい作品もかなり多種多様で、レベルも更に上がってきています。


こちらの方は、『刺し子』を行っています。
かなり細かく丁寧な針目に驚きました。
この作業はかなりの根気が必要ですが、「好きだからできる」とみなさんおっしゃいます。
納得です!


次々に新しい作品作りに取り組んでいらっしゃいます。
自分にあった型紙があるから出来上がりもジャストサイズになり、応用も可能です。

受講生の方同士で型紙を写しあったりと、そこにも益々交流が生まれています。


ちょっと素敵な生地をご紹介しますネ。
左はカトレアのお花の模様が入った生地で、ジャケットを製作する予定とのことです。
和に洋のテイストが入った生地ですね。
右は、模様の様に見えますが、実は全部糸を刺した生地です。
縫い目が揃っていて本当にお見事です。
どんな作品をイメージしているか、ちょっと気になります。


こちらの方は、いつもお元気で意欲的な方です。




恒例の”ランチタイム”です。
お弁当を食べながら、いろんなお話が聞かれます。
みなさん、野菜作りや陶芸、油絵など多趣味なんですよ。
日々の時間を調整して、楽しみながら「リメイク作品作り」にも取り組んでいます。
そして、今日も手作りのおいしい漬物も頂きました。
ごちそうさまです。


受講生の方は、自分の作りたいものをしっかり伝えながら、先生にご指導していただきます。
他の方々も、周りに集まって、アドバイスに耳を傾けながらお互いに学んでいます。


ここでは、床を使って大きく生地を広げながら作業を進めていました。



本日出来上がった作品を見せていただきました。
裏地も付けて、完成度も高い素敵な作品になっています。
技術もレベルアップしていますね。
こちらの製作者の方は、実は80歳を過ぎていらっしゃるんですよ~!


先生も時間ぎりぎりまでご指導してくださいますので、とてもお忙しいそうです。
でも、受講生の方々の”熱意”と”笑顔”と”完成していく作品”を見ながら、とっても嬉しそうです。


本日も本当に充実した『和服リメイク講習会』でした。
より完成度の高い作品を目指して作業している姿は、「学びの場」として更に中身の濃いものとなりました。
また、受講生同士、相手の事にも関心を寄せながら、時には笑ったり教え合ったりといい関係性も出来上がり、馴染んでる感じがとてもいいムードになってきていて、居心地も最高です。
今後もお互いに刺激し合いながら、受講者全員で更なる技術向上を目指していきます。

お待たせしております市内でのファッションショー開催ですが、来年度になる予定です。
その時は、陸前高田広報、新聞などでお知らせいたしますので是非お楽しみに!

【次回開催予定】 1月17日(火) @陸前高田レインボーハウス 10:00~15:00

2016年12月21日水曜日

素敵な夜景にうっとり。

とある日の帰り道、余りに綺麗なので、ちょっと立ち止まって眺めてみました。
こちらは、農面道にある「辻ヶ花興産」さんの事務所です♡
色とりどりのイルミネーションが輝いて、通行人の目を楽しませてくれています。
そこだけ”別世界”が広がっていて、とっても幸せな気分にしてくれます。




みなさんにも素敵なクリスマスがやってくるといいですね。
プレゼントも。。。。。

2016年12月20日火曜日

ケイタリング・スタンディングバー『はまかだサロン』

12月19日(月)西風道仮設住宅・集会所において、ケイタリング・スタンディングバー『はまかだサロン』を開催しました。
多くの方々に集まって頂き、賑やかにスタートです。




サロンでは、五目ご飯やパンの缶詰などの試食を行っていますが、なかには【非常食】を初めて食べた方もいらして、とても興味をもって下さいました。
東日本大震災の体験談を聞いたり、今後の防災意識を高めるためのきっかけ作りにもなっていたりと、震災を「風化」させないための一つの方法にもなります。
またいろんな意味で、”心を開放する場””情報共有できる場”にもなっています。
それぞれの思いをじっくりと語ることができる雰囲気もいいですよね。




今回は、生協さんのスタッフ方々も”お茶っこ会”を開催した後に、このサロン活動にもご参加頂きました。
一緒に試食もしていただき本当にありがとうございました。
生協さんも、仮設にお住まいの方たちのために、いろんな活動をされています。
今後、更に住宅・生活の再建が進み、仮設の方々を取り巻く状況も刻一刻と変化していきます。
困っている事や、心の負担になっている事など、私たちなりに何かできる事を見出しながら一緒に考えていきたいと思っています。
ちょっとの事で滞っていたものが動き出したり、いい方向に流れていったりと、そんなきっかけになれるといいと感じています。
”みなさんの心の声”に耳を傾けながら、寄り添って今後も活動をしていけるよう頑張りますので、今後もよろしくお願い致します。